雑記 - たまの歩き 

ぶらぶらと

関東の方は昨日すごい事になってましたね~。
FacebookやLINEで流れてくる画像に驚きました。

こちらは一昨日黄砂が凄くて(関東程ではないですが)天気は良かったけど洗濯物諦めました(TдT)
花粉症の方も大変だったんじゃないかと思います。
車も汚くなってるし…。

でもその砂埃や花粉を洗い流してくれるかのように昨日は大雨が降ったので良かった!
そして今日は快晴で気持ちの良い天気だったので、制作中の瀬戸芸の作品がどこまで出来てるか確認しがてらぶらぶらと散歩へ行ってきた。

先ずは小沢敦志さんの作品から。
作:小沢敦志 舟底の記憶(プロペラ)作:小沢敦志 舟底の記憶(プロペラ)
これはもう完成に近いのではないでしょうか。
近くで見ると、自転車の前についてるカゴがペシャンコになってくっついてたりしてました。
どんなものが使われているのか探すのも楽しいですね。

作:小沢敦志 舟底の記憶(錨)作:小沢敦志 舟底の記憶(錨)
こちらは撮影してる時に作品の周りに柵をつける作業をしていたので完成間近ですね!
この写真の右に写ってるのってもしかして小沢さんかしら…と今改めて見て思いました!
声かけてみればよかったな…と少し後悔。

作:淀川テクニック 宇野のチヌ作:淀川テクニック 宇野のチヌ
こちらは3月3日から修復を始めていた宇野のチヌ。
いや~鮮やかさが戻ってきましたね!青空に映える!
こちらももうすぐ完成ですね(´∀`)

作:白井美穂 楽彩工房 改 Una作:白井美穂 Una
チヌの直ぐ後ろにある楽彩工房も楽彩工房 改 Unaへお色直しです。
白井美穂さんはこのUna宇野港インフォメーションセンターと駅前の海からの贈りものを手がけています。
このテントのようなとんがり三角はサーカスとか出店のテントなんかを連想させてなんだかワクワクします♪

作:白井美穂 宇野港インフォメーションセンター 作:白井美穂 海からの贈りもの

写真は撮っていないですが荒木経惟さんのビルボードプロジェクトも残り1枚を展示すれば完成です!
あと9日後、賑わってる玉野市を見るのが楽しみです。

ソーシャルボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

玉野市の概要

玉野市周辺の地図

玉野市は岡山県の南に位置する瀬戸内海に面した人口約6万3千人の都市です。晴れの国岡山の中でも特に晴れの日が多く、気候も温暖で災害が少ないです。

本日の天気予報

人気記事

サイト内検索

広告

トップページへ戻るこのページの上部に戻る