食べる - たまの歩き 

たまの土産 その3 紫いもクッキー

タグ: ,

玉野市の番田という地区で今から10数年前から栽培が開始され、今では玉野の名物にまでなった紫芋。

その紫いもを使った『紫いもクッキー』を紹介しますよ。

紫いもクッキーはコレまでに何度も買って食べていて、味は甘すぎず、紫いもの風味を感じる事が出来る美味しいクッキーなんですが、今回あえて紹介するのは、この紫いもクッキーのパッケージが「瀬戸内の名産品リデザインプロジェクト」によって変わるからなんです!
この「瀬戸内の名産品リデザインプロジェクト」は、瀬戸内の名産品の既存商品 パッケージのデザインをリニューアルするプロジェクトで、玉野市のお土産が選ばれたのは今回が初めてだと思います。

とりあえず今のパッケージはシンプルなこんな感じで、お土産と言うよりは普段食べる用ですね。

玉野 紫いもクッキー
そしてこれが、リデザインされて発売される予定のパッケージデザイン案です。

玉野 新紫いもクッキー

かなり斬新です。斬新すぎて「なんも言えねぇ」

このプロジェクトに採用されたので、瀬戸内国際芸術祭のインフォメーションセンターなんかでも買うことが出来るはずなので、見かけたら是非買ってみてください。

ちなみに今は250円で販売してますが、このパッケージに変わったら値上げされるのかな?また、分かり次第追加情報を載せていきます。

他にも「瀬戸内の名産品リデザインプロジェクト」でパッケージが変わる商品が紹介されているので、気になる方は見てください。

 

<9月20日 追記>

リデザインプロジェクトによって新たなパッケージとなった「紫いもクッキー」を買ってきましたよ。

価格は350円となっていて、お土産と考えれば手頃な価格だし、パッケージも斬新なので、玉野を代表するようなお土産になるといいですね。

ちなみにコレまで販売されていた紫芋クッキーとは形が少し違っていて、こちらのほうが一口で食べやすい印象でした。

玉野市 紫芋クッキー リデザインパッケージ 紫芋クッキー 玉野市土産

ソーシャルボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

玉野市の概要

玉野市周辺の地図

玉野市は岡山県の南に位置する瀬戸内海に面した人口約6万3千人の都市です。晴れの国岡山の中でも特に晴れの日が多く、気候も温暖で災害が少ないです。

本日の天気予報

人気記事

サイト内検索

広告

トップページへ戻るこのページの上部に戻る